2010年05月27日

蓮舫氏ら“及び腰”申し入れ 口頭だけ「献金禁止を」 小沢氏辞任要求なく…(産経新聞)

 民主党の支持率が下落を続け、夏の参院選で苦戦が予想される中、改選を迎える当選1回の参院議員8人が19日、国会内で輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長と会談し、党執行部に対し、党運営の改善などを申し入れた。

 8人には、蓮舫氏ら小沢一郎幹事長と距離を置くメンバーも含まれていたため、党内では「小沢氏への辞任要求か」との憶測も流れたが、要請文などは持参せず、口頭で「企業団体献金の禁止を進めてほしい」「政策調査会に代わる機能はあった方がよい」などと求めただけだった。

 小沢氏の資金管理団体の政治資金規正法違反事件については「もっと説明すべきだ」と要望しただけ。米軍普天間飛行場移設問題には触れなかった。当初はピリピリしていた輿石氏も会談終了後は「みんな気持ちはひとつだ」と余裕の笑みを浮かべた。

【関連記事】
G渡辺会長「谷から挨拶ない」と激怒!亮子出馬に不快感
小沢氏、大物かつぎ出し成功で剛腕健在も…“人寄せパンダ”と批判の声
民主参院議員総会、輿石氏「一致団結を」 蓮舫氏「説明せよ」
仕分け人、科学批判を封印「われわれも研究を重視」「すばらしさ分かります」
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場
中国が優等生路線に?

【裁判員考】制度施行1年(上)起訴〜公判前整理手続き 遅れる書面、審理滞留(産経新聞)
篠山紀信氏を略式起訴=屋外ヌード撮影―東京地検(時事通信)
1歳の孫の首を絞めた疑い 殺人未遂の現行犯で48歳女を逮捕 東京(産経新聞)
大卒の就職率91.8%、過去2番目の低水準に(Business Media 誠)
法定相続人の定義など相続の基礎を学ぶ(医療介護CBニュース)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 10:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プログラマーの鉄則


あがりを克服する3つのポイントとは、

第一に、相手もあがっていると自分に言い聞かせること

第二に、自意識過剰にならず、自然体で接すること

第三に、意識して経験を積むようにすること。

この3つが大切です。

あがる人は「相手は落ち着いているのにどうして自分だけ
あがるのだろうか」と思います。

しかし、あがっているのはあなただけではありません。

「あがる」ことは人間の本能で、個人差はあるものの、誰でも
あがるものなのです。

また自意識が過剰になり、自分の発言がどのように受け取られ
るのかを気にしすぎると、何も話せなくなってしまいます。

友人との会話が弾むのは、自分を飾らず、自然体で話しているから。

初対面でも礼儀さえわきまえて自然体で話せばよいのです。
あがりを抑えることがわかったら、あとは経験を積むだけ。

「初対面の人と会うのは人脈を広げるチャンス」だと思って
自分から積極的に話しかけるようにすれば、初対面に対する
苦手意識が薄くなり、楽しく話せるようになるでしょう。


「あがり症」を克服できるスゴイ方法!
http://www.kireibast.sakura.ne.jp/agarishou/
Posted by sam at 2010年05月28日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。