2010年05月18日

おなかの下から初めまして、ペンギン赤ちゃん(読売新聞)

 今月生まれたばかりのイワトビペンギンのヒナが、秋田県男鹿市の男鹿水族館「GAO」で人気を集めている。

 3組のつがいから1日に双子、5日と11日に各1羽と開館以来最多の4羽のヒナが誕生し、現在3羽がお披露目されている。黒い羽毛に覆われ、親のおなかの下から顔を出す姿が愛らしい。

 イワトビペンギンはヒナを1羽しか育てられないため、双子の1羽は飼育員が育てている。担当の高橋深雪さん(29)は「初めての試みだけど成長は順調。夏頃には、展示場で泳ぐ姿を見られるはず」と話している。

「名誉傷つけられた」 NHK偏向報道訴訟でパイワン族男性が意見陳述(産経新聞)
「肩代わり法案」参院厚労委で可決−12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)
著作権法違反容疑 仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
<名鉄三河線>線路に消火器 けが人はなし 愛知・知立(毎日新聞)
首相動静(5月17日)(時事通信)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 15:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

http://SpecoVer.com/topo/g4vfblb/
俺のミニミニちんこでも、ここなら余裕だったぜ!!
なんか知らんけど、カワイィとか言われて包/茎にめちゃ食いつかれたし(笑)
いっぱいペロペロしてもらって、7万ゲットっす!!v( ̄∀ ̄)v
Posted by ちょwww舐めすぎだろwww at 2010年05月25日 08:20
プログラマーの鉄則


あがりを克服する3つのポイントとは、

第一に、相手もあがっていると自分に言い聞かせること

第二に、自意識過剰にならず、自然体で接すること

第三に、意識して経験を積むようにすること。

この3つが大切です。

あがる人は「相手は落ち着いているのにどうして自分だけ
あがるのだろうか」と思います。

しかし、あがっているのはあなただけではありません。

「あがる」ことは人間の本能で、個人差はあるものの、誰でも
あがるものなのです。

また自意識が過剰になり、自分の発言がどのように受け取られ
るのかを気にしすぎると、何も話せなくなってしまいます。

友人との会話が弾むのは、自分を飾らず、自然体で話しているから。

初対面でも礼儀さえわきまえて自然体で話せばよいのです。
あがりを抑えることがわかったら、あとは経験を積むだけ。

「初対面の人と会うのは人脈を広げるチャンス」だと思って
自分から積極的に話しかけるようにすれば、初対面に対する
苦手意識が薄くなり、楽しく話せるようになるでしょう。


「あがり症」を克服できるスゴイ方法!
http://www.kireibast.sakura.ne.jp/agarishou/
Posted by sam at 2010年05月26日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。