2010年03月31日

停電の原因ケーブル、駅構内無線ネット用(読売新聞)

 JR東日本によると、停電の原因となったのは、「WiMAX(ワイマックス)」と呼ばれる高速無線通信サービスのアンテナ用ケーブルだった。

 駅構内でインターネットを利用する人たちのためのサービスで、専用の通信カードを使えば無線でインターネットに接続できる。

 JR東が昨年から首都圏の各駅に設置を進め、目白駅には昨年1月に設置。保守点検はJR東が行っている。現在、首都圏の111駅で導入されており、JR東は24日、目白駅と同様に屋外にケーブルが設置されている巣鴨駅など3駅で状態を緊急点検した。

 サービスを提供するUQコミュニケーションズ(東京・港区)によると、JR東のほか、成田、羽田空港やホテルなど全国約120施設で利用されている。同社広報担当者は「ケーブルは設置から1年ほどしかたっておらず、自然に切れるとは考えにくい。原因は分からないが、今後、当社としても点検のあり方を考えたい」としている。

<傷害>男子高校生、バイクの男に腹刺される 静岡・焼津(毎日新聞)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で−厚労省(時事通信)
ジョンソン&ジョンソンに立ち入り検査 公取委(産経新聞)
<吉野川堰>国交相が「可動堰化」中止明言(毎日新聞)
【弔い最新事情 墓はどこに】(中)形態多様化 思いは不変(産経新聞)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

観光庁長官「医療観光は有力な市場」(医療介護CBニュース)

 溝畑宏観光庁長官は3月29日、「インバウンド医療観光に関する研究会」(座長=上松瀬勝男・日大名誉教授)であいさつし、「医療観光はインバウンド(海外旅行者の誘致)を促進する上で、大変有力な市場になる」と述べ、観光と医療サービスを組み込んだ医療ツーリズムの促進に注力する考えを示した。

 溝畑長官はまた、「各国は国を挙げて(医療ツーリズムを)やっている。シンガポールやマレーシアはかなりマーケットを握っている。かなり急がないといけない」との認識も示した。

 観光庁によると、検診ツアーをスタートさせる旅行会社が相次ぐなど、日本国内での医療ツーリズムへの関心が高まっているといい、甲斐正彰審議官は「検診ツアーについては、ある程度進められるということで商品化されている。どんどんプロモーションを掛けていく」と述べた。


【関連記事】
国際競争力高め、医療ツーリズム推進を―観光庁研究会
医療・介護ビジネスを将来の戦略分野に―産業競争力部会が初会合
メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を
長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」
日本の医師免許がない外国人医師への規制「課題の一つ」―長妻大臣

家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で−経産省(時事通信)
秋篠宮さま、眞子さまご帰国(産経新聞)
足利事件再審 検察側が上訴権放棄(産経新聞)
小声で「間違いありません」=初公判で元首相秘書−東京地裁(時事通信)
<商店街火災>「中島廉売」で全盲写真家がイベント 函館(毎日新聞)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

普天間移設先、米・沖縄県に2案を正式伝達(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、政府は26日朝、米側と沖縄県のそれぞれに対し、同県名護市にまたがる米軍キャンプ・シュワブ陸上部案と、同県うるま市にある米軍ホワイトビーチ沖の埋め立て案の2案に県外への訓練移転を組み合わせる移設案を正式に伝えた。

 岡田外相がルース駐日米大使と、北沢防衛相が同県の仲井真弘多知事とそれぞれ会談。この中で、防衛相は政府案について、普天間飛行場の機能と訓練を「徐々に分散移転」することを目指すものである、と説明した。

 外相は、都内の外務省飯倉公館でルース大使と約50分間会談した。内容について、外相はこの後午前の衆院外務委員会で、「大使に検討の途上にある現状を説明した」と述べた。

 一方、大使は会談について異例の声明を発表。日本政府案について「米国政府はこれから慎重に検討する。日米両政府は同盟国として引き続き協力してこの問題の解決を図る」と説明し、検討は行う方針を示した。

 ただ、大使は25日に大使公邸で長島昭久防衛政務官と会談した際、「鳩山政権を傷つけたくない。でも、米国の立場も固まっている」と述べており、日米交渉の難航は必至だ。

 一方、防衛相は、沖縄県庁で仲井真知事と約30分会談。政府の移設案の概要説明に対し、知事は「沖縄は県外移設一色で、4月には県民大会も開かれようとしている。そうした温度差を政府に伝えてほしい」と求めた。

 防衛相は「我々は(訓練の)分散ということで色々な案を考えている。米側とすりあわせながら、結果として沖縄の負担が減る案を作り上げたい」と説明。さらに、日米が2006年に合意した現行の名護市辺野古への移設案については「極めてゼロに近くなったと理解してもらっていい」と述べた。

 防衛相は会談後、記者団に「各党や政府が考えているオプションを整理し、米側と協議する中で、軍事的に整合性のあるものをいくつか残してから基本的な案を作る」と語った。

<中部電力>保有の古陶磁器263点 中国の博物館に寄贈(毎日新聞)
セクハラ「気持ち悪かった」…裁判で女性警官証言(読売新聞)
DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能−石川県警(時事通信)
「爆弾低気圧」が原因か、列島襲撃・春の嵐(読売新聞)
将棋棋王戦、久保勝ち最終決戦に(産経新聞)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。