2010年01月30日

<選挙違反>後藤議員の出納責任者に有罪判決 熊本地裁(毎日新聞)

 先の衆院選熊本3区に出馬し、比例復活当選した民主党、後藤英友衆院議員(43)の出納責任者で公職選挙法違反(日当買収)罪に問われた井上広世被告(42)の判決公判が28日、熊本地裁であった。野島秀夫裁判長は「弁護側の主張は事実関係にそぐわず不自然だ」として懲役1年6月、執行猶予5年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。出納責任者は連座制の対象で、井上被告の有罪が確定し連座制が適用されれば後藤議員は失職する。

 判決によると、井上被告は派遣会社社長の冨田忍被告(36)=同罪で公判中=らと共謀し09年8月19日〜9月11日、選挙期間中の運動報酬として派遣社員8人に計約73万円を支払った。

 弁護側は控訴する意向を示した。後藤議員は事務所を通じ「無罪が認められなかったことは遺憾だ。今後は控訴審の推移を見守らせてもらいたい。私自身は国会議員の職責を果たすため、活動を頑張っていく」とのコメントを出した。【遠山和宏】

【関連ニュース】
公選法違反:後藤氏派違反 共謀有無どう判断 出納責任者きょう判決 /熊本
廿日市副議長の公選法違反:有罪の1審支持、高裁が控訴棄却 /広島
北九州市議選の偽投票:山田国義被告が首謀と長男証言−−公判 /福岡
公選法違反:後藤氏派違反 共謀巡り主張食い違う 井上被告の公判結審 /熊本
公選法違反:後藤氏派違反 懲役1年を求刑 井上被告との共謀黙秘−−初公判 /熊本

パナソニック電工、電気カーペットから発煙(読売新聞)
<足利事件再審>元検事「深刻に思う」 菅家さん「謝って」(毎日新聞)
有志勉強会参加は「当然」=階政務官が答弁(時事通信)
路上に出られなくて試験官殴る 容疑の男逮捕(産経新聞)
後藤真希さんの母転落死=自宅3階から−東京(時事通信)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 00:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)

 22日午前6時50分頃、福岡県久留米市上津町の国道3号で、熊本県植木町の男性運転手(61)の大型トレーラーと久留米市の団体職員男性(21)の乗用車が正面衝突し、トレーラーが道路脇の商店兼住宅に突っ込み、壁の一部を壊した。住宅部分で男性店主(44)が寝ていたが、けがはなく、乗用車の男性が軽傷。

 県警久留米署によると、片側1車線のほぼ直線。バイク部品を運搬中のトレーラーが上り車線、乗用車が下り車線を走行していた。下り車線が約4時間、通行止めとなった。

 商店はゴマ類を加工・販売し、開店前だった。男性店主は「事故が多い場所で、7、8年前にも同様の事故があったと聞いており、2年前には2軒隣に車が突っ込んだ」と話した。

自民政権なら首相辞任免れず=小泉元首相(時事通信)
<低額宿泊所FIS>新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
島の都議補選、民主・自民の大物が続々現地へ(読売新聞)
介護疲れで母親殺害、51歳男を逮捕…神戸(読売新聞)
<米牛肉>危険部位混入 2施設の禁輸解除 農水、厚労省(毎日新聞)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)

 上場企業の株を一定期間保有すると得られる株主優待。預貯金感覚で株を持つだけで商品や割引券が送られてくる手軽さが受け、人気を集めている。一方で、経営再建中の日本航空のように業績不振や景気の悪化で株価が下がったり、優待内容が変わったりするリスクもあるため、注意が必要だ。(小川真由美)

  [フォト]各社の優待内容が満載、株主優待情報サイト「ネットアイアール」

 ≪食品や外食が人気≫

 東京都武蔵野市のパート従業員の女性(44)は4年前、独身時代の貯金で株主優待を実施する企業の株を購入した。株の売買はほとんどせず、年4回、食品や飲食店の割引券などを受け取っている。女性は「家計が助かるし、有名な会社から物が届く特別感がうれしい」と魅力を話す。

 野村インベスター・リレーションズによると、上場企業約3800社のうち、昨年の9月時点で株主優待制度を実施するのは1019社。食品や外食、サービス業が人気だ。

 主な優待制度をみると、日本マクドナルド(年2回、複数商品の無料引換券)▽ダイドードリンコ(同、3000円相当の自社製品)▽ワタミ(同、6000円分の食事優待券)▽オリエンタルランド(同、施設無料利用の1DAYパスポート)など。多くの企業は数十万円の資金で株主になれ、一定期間株を保有していれば優待を受けられる。

 個人投資家の大半が60代前後の男性。しかし、ここ数年は30〜40代の若い世代や女性で株主優待への関心が高いという。野村インベスター・リレーションズが発行する『知って得する株主優待』は15万部前後の売れ行きで、株主優待への関心の高さがうかがえる。

 優待を実施する企業側にもメリットがある。個人株主の約8割が100株を保有するカゴメ。100株以上で1000円相当、1000株以上で3000円相当の商品を年2回、送付する。郵送代などの費用は数億円かかるものの、株主による同社商品の月間購入額は全世帯平均の100円強に対し、平均1500円前後に上る。長井進執行役員は「売り上げアップと安定経営に株主優待は欠かせない」と話す。

 ≪リスク確認は必須≫

 しかし、投資である以上、経営再建中の日本航空など経営不振で株価が急落すると、優待と配当金を何度か受け取っても収支が見合わない場合もある。経済評論家の木村佳子さんは「収入減や失業のリスクが高い中、損をしても株を持ち続ける余裕があるかを考えて」と呼びかける。

 木村さんのおすすめは子供が好きな商品や、よく使う化粧品や医薬品、鉄道やレジャーなど身近な会社の銘柄。過去3年分の株価の変動や過去に粉飾決算や不祥事がないか確認する。優待が送られる時期を分散すると、1年を通してイベント感覚で楽しめるそうだ。

 木村さんは「株主になるなら家族で経済に関心を持つとか、利益や優待以外の楽しみを見つけてほしい」とアドバイスする。

【関連記事】
長期保有の株主優遇 優待制度導入の企業急増
日航再建Q&A マイレージ従来通り、株主優待券は5月まで
株価よ上がれ!倖田らが株主総会ライブ
小田急電鉄、多角化事業好調 V字回復を期待
企業の自社株買い、5年ぶり金額減少

首相動静(1月16日)(時事通信)
「国の責任大きい」=日航破綻で−前原国交相(時事通信)
<足利事件再審公判>聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)
posted by ニシハラ ヨシカツ at 13:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。